bungeling999の雑記帳~京都・滋賀・コーヒー・パン…エトセトラ~

Bungeling999による匿名の日記です。ネットのすみっこでひっそりと生きています。ツイッターは@Bungeling999

進撃の巨人、27巻の感想(ざっくりネタバレ有)―26巻もう一回読みました(笑)―

 老いも若きも、みんな大好き「進撃の巨人

 ネットカフェで読みましたよ~!!

f:id:bungeling999:20181225114735j:plain

singeki

 ちなみに漫画は基本的に週刊誌で毎週ガンガンと読むというスタイルを20年間続けている僕ですが、進撃の巨人ジョジョリオンについては単行本派です。

 のっている雑誌が喫茶店には100%置いてないし・・・。

 さて、今回の27巻は途中まで読んで、これまでのストーリーをいつにも増して忘れていることに気づく。

 だいたい巨人とたたかわなくなってからストーリーが複雑すぎて、ついていけてない・・・ということで、今回は僕にしては珍しく26巻ももう一回読んでおさらい。

 以下、ざっくりまとめると(ネタバレ(笑))

 26巻では、敵地に先乗りしていたエレン(主人公)が、満を持して、敵地を奇襲攻撃、奇襲攻撃はほとんど成功します。がいろいろあって大事な仲間のサシャは死んでしまいます。これは完全に残念!!でした。

 27巻では、その攻撃にいたる過程も描かれるし、実は獣の巨人のやつとエレンで手を組んでいていろいろやってって、そのエレンの過激思想ぶりに、もうアルミン(親友)やミカサ(ヒロイン)もついていけねぇわ、って感じ。どうする!?エレンやばくない?あいつマジかよ?仲間にしている獣の奴なんかひでぇやつやし信用できんやん。って感じの話しでした。

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

 
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN