京都在住おじさんのつれづれ雑記帳・・・グルメ・銭湯・アニメ・映画、etc・・・

京都在住おじさんによる匿名の日記です。ネットのすみっこでひっそりと生きています。備忘録ブログ

アマプラで映画視聴㊷「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の感想

アマプラで映画視聴㊷です。

気がつくと、アマゾンプライムビデオにホントお世話になってます…今回は「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」を視聴しました。最近はアマゾンプライムビデオは話題作のアニメをけっこうすぐやるので重宝しています。ガンダム好きで、まだの方は是非!

 

 

ざっと言うと、アムロやシャアがたたかったときから、25年後のお話。この25年この宇宙世紀は世界大戦レベルは、たぶん最初の1年戦争だけですが、その後も大きな戦争・紛争は続いてる感じです。そして今回の主人公は、ブライトさんとミライさんの息子、ハサウェイがテロリストのリーダー格になっているって話です。

映像表現は、文句なく迫力があります。市街戦の映像などもモビルスーツ視点ではなく、破壊される側、民衆側にたった視点での映像が多く、恐怖感もマシます。そして、人が…結構簡単に死んでいきます…。王道のガンダム作品という感じではないかな。

 

以下、ネタバレちょっとありの感想…。

設定としては1年戦争や数々の大規模紛争を経ても地球に住む人々の特権階級の地位はむしろ強化されて、それに対する民衆の怒りがテロを支えているといったところでしょうか?で、ハサウェイは、わりとノリでテロリストになって、その出自の良さと、戦闘能力を買われてリーダー格になっているという印象です。

ただ全体的には、こんな凄惨なテロを平気でしているのはヤバい気がしました。ガンダムという物語の性格上モビルスーツが必要になるのは仕方ないのですが、要人暗殺を目的とするテロがモビルスーツで市街戦やるっていう無差別テロ以上戦争未満の民間人巻き添えは正直ひどすぎる…対する特権階級側も地球に暮らしている人々に軍隊的な過剰な警察権力を適宜投入して不法入国者の摘発を繰り返す有様…完全な宇宙世紀デストピア。もともとの設定だった事実上の植民地であるコロニーが国家として戦争や反乱をするというのはリアリティがあったのですが…そういう感じはなくなってました。3部作らしいので、完結するのはかなり先みたいですが、最後までみてみようとは思います。