京都在住シングルファーザーおじさんのつれづれ雑記帳

京都在住おじさんによる匿名の日記です。ネットのすみっこでひっそりと生きています。ただいまシングルファーザーとして生きてます。備忘録ブログ

パスタキューブでナスと豚肉のパスタです。

たまには息子のご飯にパスタをつくろうと思い…パスタキューブでフライパンパスタ。

具材は、パスタ、ナス、豚肉、油揚げです。あとはオリーブオイルとバター、塩コショウ、パスタキューブ。いわゆるソースの素よりは安いし、わりと味はまとまるのでおすすめです。

 

東山湯温泉(ビートルズ銭湯)で、サウナと水風呂とビートルズ

ビートルズ銭湯に久しぶりに…。

場所はココ↓百万遍の西北のあたり。このあたり昔一時期よくいたのです。「かぶき寿司」によって行こうとおもったら休業中で残念です。

暖簾もビートルズ。この銭湯、20年くらい前かなぁ、よく行っていたのです。その時はビートルズやサザン好きの大将がギターをよく脱衣場でひいていました。それがいつのまにかビートルズ銭湯に。

All 湯 Need Is Love、確かに。 

何十年ぶりかに再訪したら大将は僕のこと覚えてくれていて、すごく喜んでくれてました。僕もめちゃ嬉しかったです。この通りの古いお店は、ほとんど全部よくいってましたね。「やまぢゅう」よく行ってたのに廃業してしまったんですね…。一方で新しいお店も次々できる場所です。銭湯の中は、サウナ、冷たい水風呂、浴槽いくつか…一通りそろっている充実の銭湯です。サウナでかかっているのは当然ビートルズです。昔は普通のJPOPかかっていたんですけどね、ビートルズ銭湯になっていこうはビートルズ。たぶんネットではまだ公開されていない情報(笑)ですが、ここの大将は近くのビートルズパブのリンゴの店長とはもともと太いつながりががあります。ここにビートルズ関連のお店が集まっているのはある種の必然です。百万遍ビートルズ商店街とかにならないかな…。

 

アマプラで映画視聴164「ピエロがお前を嘲笑う」(7.5/10)、サイバーテロサスペンス。

アマプラで映画視聴164作品目は「ピエロがお前を嘲笑う」でした。個人的レーティングは6/10です。ドラマを見ていた人むけで、見たいなかった僕にはちょっと入り込めませんでした。

警察に出頭した天才ハッカーベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした――学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。前歴がなかったため社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックス(エリアス・ムバレク)と知り合う。2人にはハッキングという共通の趣味が合った。マックスはベンヤミンの天才的な才能を見抜き、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成する。国内の管理システムを手当たり次第ハッキングを仕掛け、世間を混乱させ注目を集める。

僕は好きな映画でした。サイバーテロサスペンスって感じ。後半物語が加速して、どんでん返しが続きます。ネタバレはしないのでぜひみてください。何も持たなかった筈の冴えない青年の成長物語でもあるのかな…。映画で次々とつかわれるハッカーのテクニックはわりと面白かったです。これ結構現実のハッキング対策を考えるときも大事で、要はきちんとセキュリティーを組んでいたら、ネットだけでハッキングが完結することはあまりなくて、現実にはリアル世界のどこかに「穴」をつくる必要があるわけです。そしてそのリアル世界の「穴」というのは人間が運営する以上必ずどこかにうまれてしまいます。逆に言うと、もし今後すぐれたAIシステムがセキュリティーを24時間人間のようなスタイルで監視してコントロールした場合、人間の力でハッキングするのは極めて難しくなるかもしれません。面白いので、おすすめ映画です。

 

 

 

春なので喫茶店でバーガーを食べるシングルファーザー、千本北大路「cafe町子」。

春ですねぇ。ということで喫茶店でごはん…「cafe町子」でランチを食べてました。入り口になんだか学校みたいな看板がある。

あ、場所はココ。千本北大路です。観光とかではあまりこない場所かも…金閣寺からも近いと言えば近い。

大学の近くの喫茶店という感じで、とてもいい雰囲気です。漫画もたくさんおいてあって、長居もOK、勉強もOKって感じなのかな、店内は学生がゆっくりしてます。

メニュー、バーガーに惹かれました。1000円以内にバーガーとコーヒーなので、このご時世安いと思います。

思ったより豪華!!!ハンバーガー、ポテト、サラダ、スープ。これは安いよ!!

スープはこれ。

最後にコーヒー。今日のBGM、ゆれるfeat田我流

珈琲もおいしいです。

あいかわらずシングルファーザーとして悩みながらやってます。「人間は考える葦である」とパスカルの言葉をつぶやいてみる。弱弱しいけれども、考えていることに意味があるのだと思いなおしています。強くて考えない人間よりは、弱くとも考える人間でいたいですかねぇ。家で使っているシロカのコーヒーメーカーはお気にいりです。

 

 

沖縄旅行。「やんばるステーキ&シーフード58」、あと海をみたりしてた

沖縄旅行名護の方にいってました。「やんばるステーキ&シーフード58」というお店。調べてみて、ここ楽しそうでいいなと思ったので。

名護市の中にあります。ロードサイドのステーキ店という感じです。

メニューこんな感じ。ボリュームあるステーキが多い。なんとサイコロステーキ100gだとライスやサラダ付きで700円。安い!!!Tボーンとか伊勢海老とかサーロインとか頼みました。

Tボーンはこの日は500gから。骨付きの牛肉がガッツリ!!

伊勢海老ウニソース。これもボリュームある。

サイコロステーキこんな感じ。

サラダ、ライス、スープ食べ放題。

クラムチャウダーっぽいスープ。

値段は、京都でお肉を食べるよりはずいぶんと安いと感じました。ボリュームあるし…お肉だけでお腹いっぱい。お肉を食べて海で遊びました。

トゥクトゥクにも乗って…

海と橋を眺める。とても素敵です。

部屋で少しゆっくりしていました。夕飯を買いにいこうと思って近くの道の駅にいったのですが…。旅行にはアンカーのモバイルバッテリーがおすすめ。

 

アマプラで映画視聴163「シャーロック 忌まわしき花嫁」(6/10)、ドラマみていた人むけ…。

アマプラで映画視聴163作品目は「劇場版『シャーロック 忌まわしき花嫁』」でした。個人的レーティングは6/10です。ドラマを見ていた人むけで、見たいなかった僕にはちょっと入り込めませんでした。

1895年、冬のロンドン。シャーロックの元へ、レストレード警部が奇怪な事件を持ち込んでくる。拳銃自殺したはずのリコレッティ夫人が、数時間後に古いウエディングドレス姿で現れ、夫のトーマス・リコレッティを殺害したというのだ。ワトソンと共に捜査を開始するシャーロック。その最中、ウエディングドレス姿の女性による新たな殺人事件が発生。シャーロックとワトソンは、この事件を解決に導くことができるのか?BBC/Hartswood/Robert Viglasky c Hartswood Films Ltd 2015

物語は1895年のロンドンなのですが…それが現代のホームズの夢なのか、はたまた現代のホームズが昔の夢なのか、そこらをリンクさせて、ドラマ視聴者を楽しませる仕掛けがされているのですが…ドラマみてないので混乱しただけな面がありました(笑)。肝心の忌まわしき花嫁の方はフェミニズム的な教養的内容を含んでいるんですが…ちょっとあまり響きませんでした。なぜかというとこの時代の女性の抱えている苦悩を描くのであれば、もっとそこに立ち入って描く必要があると思うのですが…そこはさらっとしすぎている気がします。イギリスでも、この段階(1895年)では、女性には参政権もないまともな人権もなかったわけです。それから約100年、女性の地位の向上という意味では欧米は進歩していきましたが、日本はまだまだですよね、映画とはあまり関係ないですが…

 

 

 

アマプラで映画視聴162「アステロイド・シティ」(5/10)、難解でした…。

アマプラで映画視聴162作品目は「アステロイド・シティ」でした。個人的レーティングは5/10です。かなり芸術的で難解な映画で…ぼーっとみてたらよくわからない感じでした…。

1955年、アメリカ南西部の砂漠の街、アステロイド・シティ。隕石落下でできた巨大クレーターが最大の観光名所のこの街に、科学賞の栄誉に輝いた5人の天才的な子供とその家族が招待される。しかし、授賞式中にまさかの宇宙人到来!? この予想もしない大事件により人々は大混乱! 街は封鎖、軍は宇宙人出現の事実を隠蔽しようとし、子供たちは外部へ情報を伝えようと企てる。果たして街と、閉じ込められた人々の運命の行方は──!?

劇中劇っていう感じなのでしょうか?演劇の舞台の上はフルカラーの現実で描かれて、舞台裏を放映するテレビと、そのまた舞台裏については、モノクロで描かれます。閉じ込められた人々の運命やいかに…って感じではなかったですね…。一つ一つちゃんと理解しようとしてみながら、自分なりに解釈していく必要のある映画でした。僕はアマゾンプライムで流し見したのでよくわからないままでしたが…。