京都在住おじさんのつれづれ雑記帳・・・グルメ・銭湯・アニメ・映画、etc・・・

京都在住おじさんによる匿名の日記です。ネットのすみっこでひっそりと生きています。備忘録ブログ

英語学習②助動詞のイメージはほんと深まりました・・・助動詞って「キモチ」なの!?

  さてTRY ITを使っての英語学習でわかったこと②です。

bungeling999.hatenadiary.jp

  この説明は理解できた・・・要は助動詞って「キモチ」なんです。

  CAN、MAY、MUST、SHOULD

 これらは基本的に「キモチ」なんです。

 それに対して・・・be able to、have to、できる、する必要がある、これって客観的なんです。いくつか別の解説をみましたが、この区分は文法的に厳密かどうかはわかりません。ただ、can,may,must,shouldがキモチをベースにしているというのは英語学習者にはわかりやすいイメージでした。mustとhave toもそれでわりとすっきり理解できるし、「キモチ」だと考えると、can、mustにはbe able to,mustという対になるものがあるのに、mayには、ないのが納得できます。あいまいな「キモチ」だから、それに対する客観的な別表現はありえないんです。

 と僕は理解しました。ここはすっきりわかったつもり。まぁmayですけれども。

 みなさんいかがでしょう?

  鳥飼さんの本は好き。